若い年齢でのAGAが増加

必見情報配信中「若い年齢でのAGAが増加」

栄養素の受け渡し役を担っていた毛乳頭が毛母細胞の活動が止まると毛母細胞から離れます。
すると上へ上へと毛母細胞は徐々に上がっていきます。
そのまま肌の奥に残った毛乳頭は縮小をし、上へ移動をした毛球はそのまま数ヵ月肌に留まってますが、そのうちに抜け落ちてしまいます。
コレを「休止期」と呼びますが、休んでいるのみでその名の通り髪の生成毛乳頭がなくなったわけではありません。
この部分で髪の育毛は行われます。
「成長期」とこの髪の成長が止まるまでの過程を呼びます。
この時期を「退行期」と呼び、概ね2〜3週間続きます。
いわゆるこの肌より下埋まってる部分が「毛根」ですが、「毛母細胞」とその先端にあるものを呼び、「毛乳頭」というものがその更に先端部分の中心にあります。
どんどん肌の表面を突き抜けて成長をしていきますが、毛母細胞の分裂が3〜5年ほど経つと弱まって止まります。
わたし達が普段「髪」と呼んでいるのは「毛幹」という部分で、肌から突き出ている髪の毛ですよね。
起こってから対策を講じるよりも薄毛や抜け毛は予防する事が大切ですけど、何とか一度抜けてしまった髪も、甦らせたいものデスヨね。
しかし果たして一度失われた髪の毛は、もう一度生えはじめる事が可能なんでしょうか。
それをまず知る為には、髪の育毛メカニズムに関して知る必要があります。
毛乳頭が毛細血管を通ってやってきた栄養素は取り込み、毛母細胞にそれを渡します。
するとそれを糧とし毛母細胞は細胞分裂を繰り返して、段々伸びてくるわけデス。
次の髪の毛の育毛のためにこの休止期に用意をするわけデス。

以上から分かるとおり、休止期に入ってる毛という事ですので、抜け落ちた髪の毛というのは本来ならまた同じ毛穴から成長期間の髪が生えてくるはずです。

 

この成ながい期間の段階に髪の毛全体の約90%近くはあります。
しかし休止期に入ったまま何らかの理由で成長期が来なかったり、あるいは髪の毛が太く長く成長する前に成長期の期間が短くて退行期に入ってしまうと、髪の毛が少なくなったり細い毛ばかりで薄毛になったりするのです。

 

 

AGAのことあまり知らないんだけど…」とお悩みの方も多くいらっしゃることでしょう。
心配はいりません!まずは口コミ情報やAGAの情報サイトを確認してみてください。


更新履歴